浴室の鏡・ガラスに付着した水垢の落とし方!

難易度  ★★  普通

水垢の落とし方として基本、二通りあります。

1 科学的に落とす・酸性で中和

2 物理的に落とす。

薄い水垢は前 1 でも可能ですが、今回は強く厚いので 2 での説明とします。

難易度   ★★     普通

上記の写真は実際に私自身で対応した案件です。

浴室出入ドアの作業途中の画像しかありません。

かなり落ちてはいますが、完全に落ちておらず申し訳ございません。

 原 因

浴室のガラス(鏡)には白い水垢はよく見られます。触るとザラザラしてますね。

付着したらなかなか落とすことができません。

水で濡れている間はキレイに見えますが、乾くとまた浮いてきます。

原因はガラス・タイル壁に付着した水!

水自体は蒸発してなくなります。

しかし、水に含まれる、カリウム・ミネラルの残留物として残ります。

これが「水垢」ですね。

浴室・キッチン・洗面台・トイレ・その他

私たちが生活していく中で、避けて通ることができません。

 必 要 道 具

1 電動工具のサンダーを使います。

2 ガラス研磨用パット(人工ダイヤモンドパット)を使用

3 研磨剤(台所のクレンザーなど) ※汚れが強い場合のみ

4 スクイジー(水切り)

5 乾いたタオル・ウエス

 落 と し 方

弱い、まだ薄い水垢ならまだしも、最初の写真のように何年も蓄積した水垢を、

人力でゴシゴジ擦っていくと何日かかるか分かりません。

①サンダーにガラス研磨パットをセットして磨きます。

   作業前に鏡・ガラスに必ず水をかけて下さい。

   通常は水のみでOKですが、強い水垢の場合は研磨剤(クレンザー)を付けて磨きます。

②サンダーをガラス(鏡)一か所あたり10秒〜20秒位すこし力をいれて押し込む感じで

   少し終わったら、となりの箇所に移るという感じで行います。

   窓ガラスを拭くようにさっさと左右に振るのでは無く、少しずつ磨きます。

③全体を研磨後、水で洗い流し、スクイジーで水切りします。

④斜めからなど、見てみると残っているか確認します。

   まだ、残っていれば再度上記の研磨作業を繰り返します。

   最後に乾いたタオルでふき取れ ば終了です。

40㎝×40㎝くらいの鏡であれば大体10分〜20分位で終わると思います。

あくまでも弱い場合です。

 応 用 編

車のフロントガラスにも、かなりの水垢が付着してます。

洗車の時は、しっかり拭き上げても雨の時はほとんどの人がそのままだと思います。

実は、この水垢の取り方は、車のガラスでも対応できます。

洗面台の鏡なども水垢多いですね。

サンダーやパット購入するのならば、是非、浴室以外でも試してみてください。

作業自体はそんなに、難しくはないですが、変化は劇的です。

浴室ドアの水垢の落とし方はこちら

浴室ドアの水垢除去方法

このダイヤモンドパッドは窓ガラス清掃の時に重宝します。別ページにて説明します。

また、キッチンのシンクなどに付着した水垢の落とし方ば別の方法になります。

こちらも別ページにて説明致します。

また、サンダーは「RYOBI」のミニサンダーをお勧めします。パッドに規格があり、通常のサンダーではパッドのほうが小さくなり、磨くことが出来ません。

Amazon・楽天・Yahoo などでも販売してます。

※弱い水垢の場合はミ二ダイヤモンドパットを使っても落とせます。

同じくAmazon・楽天などでも販売してます。

ただ人力なので、手間・時間はかかると思います。

注 意 事 項

ご存じの方も多くいると思いますが、水垢は「アルカリ性」です。

アルカリ性は酸性で落とす!って考える人もいると思います。

半分正解です。

今回はガラス(鏡も含む)は酸性に弱いです。

そんなガラスに酸性洗剤を!?

結果ヤケ(溶けます)を起こします。そうなりますとほぼ直せません。買い替えのはめに ・ ・ ・ 。

短い時間、大体30秒位なら大丈夫かもしれません。

しかし、時間が短い分、あまり落ちません。

私自身も昔、一度やってしまいました。

酸性洗剤をすぐ流すつもりでしたが、電話が掛かってきて通話終了後に気が付いときは・・。

ですので絶対に酸性洗剤を使わないで下さい。

どうしても、クエン酸や酸性洗剤を使いたい方は、自己責任でどうぞ

また、固い金属製のタワシやドライバーなどで削るのはダメです。

一発でガラスに傷が付きます。

最悪割れる可能性もあります。ほんとに脆いですよ。

あまりにも強い水垢の場合は無難に業者に依頼したほうがよろしいかと思います。

業者の対応も上記の用にやるのか、酸性洗剤を使うのか。

見てみたり、事前に電話で確認しとくのもいいかもしれませんね。

 対 応 で き な い 鏡

鏡とは、ガラスの裏に薄い銀の膜を張っているだけです。

経年劣化により、その銀の膜が剥がれてしまっています。

ですので、いくら表をキレイにしても復活できません。

写真は依頼先のものです。

完全に買い替えです。

 予 防 方 法

原因で記載しているように水の残留物なので、それを残さなければいいです。

お風呂を出た後にキレイに拭き上げる。ただそれを普段からする。

これが一番大変かもしれませんね。私はそれが出来ませんので、入浴時に時々、気が付いたときにミニパッドでゴシゴシ落としています。薄い時期にやるって感じです。