なかなか落とせない、タイルに付着したサビ汚れの落とし方!

難易度  ★  簡単

小学生でも落とせるレベルです。

お風呂場のタイルで見かけるヘアピンのサビ跡。

トイレタイルや窓枠タイルでは殺虫剤などを置いたままで、

底がサビての丸いサビ跡。家中であちこちで見かけます。

上記写真は男性用便器の配管がサビて垂れ、

そのままサビが付着してます。

結構落としづらい!と思われますが、意外に簡単に落とせます。

また、道具や洗剤も家庭用で充分に落とせます。

 使用道具

焦げとりスポンジ ダイソーで購入。あちこちで使用します。

酸性洗剤 業務用ではなくサンポールなどでもOK!

たったこれだけ

 落とし方

これも同じかんじ。配管サビの垂れ跡。

①酸性洗剤をかけます。本来はスポンジに洗剤を含ませて作業して下さい。

②コゲとりスポンジで磨きます。簡単に落ちます。

   画像は素手ですが、実際に作業するときは手袋を着用して下さい。

③水で流します。

④乾いたウエスなどで拭き上げて終了。

 別の落とし方

グラインダーに240番のナイロンブラシで磨きます。

ピンボケ申し訳ありません。

もちろん酸性洗剤をかけた後にです。

どちらでも落とせます。

汚れが強い場合はこれで落とします。

 FRP浴槽(プラスチック)のサビの落とし方

プラスチック素材には酸性洗剤は使用できません。

なぜ?プラスチックが溶けるからです。変色します。

上記のタイルと同じ方法で作業すると、

取りかえしのつかない事になります。

絶対に酸性洗剤を使用しないで下さい!!

最近の浴室はタイルでは無く、

FRP(プラスチック)素材のも多々あります。

気を付けて下さい。

では、どのようにして落とすのか?

 使用道具

・クレンザー

・スカッチブライト(100均一でOK)

・電動サンダー あればかなり楽になります。

無ければ手で頑張りましょう。

画像の下部にある、ガラス用のダイヤモンドパッドは使用しません。

 作業方法

①電動サンダーにスカッチブライトをセットします。

②サビの箇所にクレンザーをつけます。

③電動サンダーで磨きます。

無ければ、気合で手で擦って下さい。

※今回はこちらの作業写真がありません。すいません。

次回、同じ作業するときにちゃんと写して載せます。

○タイルのサビ跡おとしで使用した、

コゲおとしスポンジは使用しないの?

  と思われた方もいると思います。

スカッチブライトより、

コゲおとしスポンジの方が目が粗いです。

なのでスポンジが落とし易いですが、

うっすら細かな傷をプラスチックにつけてしまいます。

なので、スカッチブライトをお勧めしました。

目立たない箇所で試して、問題ない、

ついても気にしないという方は、

自己責任で使用して下さい。