トイレ、便器の軽い汚れ、尿石の落とし方 

難易度 ★★    普通

尿石は薄いうちであれば簡単に除去できます。

厚くなると落とすのも難しく、

見た目以上に酷い悪臭がでます。

そのような状態では来客の方にトイレを借用させるのもかなり恥ずかしいです。

私なら貸すのは無理です。家にすら入れません。

普段から掃除していないと、配管まで尿石がびっしりとなり詰まりも起こします。

そうなると、配管業者に依頼するなどかなりの金額になります。

また、トイレをキレイにすることで運気も上がると言われてます。

画像くらいならまだ、簡単な部類に入ります。

使った洗剤は市販の洗剤です。

市販洗剤とは、サンポールなどで

塩酸濃度がだいたい10%前後位のものです。

※画像では明るさに相違がありますが、同じ便器です。

 原 因

尿石は、尿に溶けているカルシウムイオンが濃縮・炭酸などと反応して、
カルシウム化合物として便器および配管の内部に付着・沈積したもの。

・・・という事です。

 使用道具・洗剤

・酸性洗剤(塩酸濃度10%前後)

・ブラシ

・メラミンスポンジ

・ティシュなど(便器淵などで使用)

 落とし方

①普通に便器全体に酸性洗剤をかけます。

②軽い尿石なので、とくに時間置かずに、ブラシまたはメラミンスポンジなどでこすります。

③水で流して終了。

※便器淵の尿石は取りずらい事もあります。その際は「湿布法」です。

ティッシュを酸性洗剤で湿らせて、淵にくっつけます

   汚れの強さによりますが、30~60分ほどで落ちます。

 注意事項

尿石はアルカリ性です。なので、酸性洗剤が有効です。

クエン酸なども酸性ですが、塩酸・硫酸がとても相性がいいです。

酸性洗剤次亜塩素酸(カビ取り剤・ハイター)などと混ぜると有毒ガス

が発生します。混ぜないようにして下さい

異臭がするのですぐに気付くはずです。

換気もして下さい。

 よくある質問!

トイレ用洗剤を使用したのに便器の黄ばみが落ちない!

との問い合わせが時々あります。

何故なのでしょうか?

まず、下の画像をご覧になって下さい。

それぞれ、トイレ用洗剤ですが、何が違うか分かりますか?

そうです。分かったあなたは鋭い!(流石です)

最初の2枚の液性は「アルカリ性

最後のが「酸性」なんですね。

先程記述したとおり、尿石には塩酸系の酸性洗剤

じゃ、なぜアルカリ性のトイレ洗剤?

って考えるかもしれません。

成分を見て下さい。

次亜塩素酸」と記載ありますね。

これは、カビに強い効果を発揮します。

ですので、黒ズミ・タンク内のカビの対象なんです。

このように液性と成分・用途を確認したら今後は誤って購入しないで済むかも知れませんね。

※2枚目の画像ですが、下記部分のアルカリ性・次亜塩素酸が確認出来ませんね。

申し訳ございません。

 まとめ

便器の尿石には酸性洗剤で落とす!

今回はただこれだけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする